よくある質問Q&A

該当する内容がない場合は質問投稿からご質問を送信ください。

一般歯科

口腔外科

歯周病

治療費・保険について

予防歯科

審美歯科

ホワイトニング

一般歯科

親知らずは、年齢が若いうちに抜いた方がいいと言われましたが、全て抜歯した方がいいですか?
同じ時期に痛みはじめることはあるのですか?
一般的には症状があるかどうかで決まります。一度でも症状があれば抜歯を受けたほうが良いでしょう。 ただし症状のない歯でも、親知らずをずっとおいておくと親知らずの前に押す力で、前歯の歯並びが悪くなることもあります。 一度ご相談ください。

口腔外科

口腔外科の診療内容を教えてください。
口腔外科は口内、その周囲の疾患を対象とする科です。癌、良性腫瘍、顎関節疾患、顔面の外傷、炎症、唇裂口蓋裂(先天性疾患)、唾液腺疾患、難抜歯、副鼻腔疾患、嚢胞、外科矯正などがあります。

歯周病

歯周病の治療はどのように行うのですか?
一番大切なのはお口の中の歯周病の「細菌」 の数を減らすことです。
そのためにまずブラッシングによる「プラークコントロール」を行います。 それから歯科衛生士により、歯茎の周りの歯石除去を徹底的に行います。その後治癒の不十分な部位に外科処置を行うこともあります。
歯周病と言われましたが、自覚症状は何もありません。
歯周病は糖尿病とよく例えられますが、初期の歯周炎ではほとんど自覚症状はありません。歯科医院での検査、レントゲンで見つけられることがほとんどです。歯の動揺、歯ぐきが下がってきた、腫れたなどの症状が出始めた頃は、かなり進行した状態と思われます。
歯周病を改善する処置(スケーリングやルートプレーニング)を受けたら、歯がしみて前より悪くなったような気がします。大丈夫なのでしょうか?
歯周病の原因となるプラークや歯石を除去し歯周病が改善されると、歯肉は引き締まり、腫れに隠れていた部分が露出します。そこに刺激が直接あたるため、しみるように感じるのです。一時的なもので、次第に治まってきます。

治療費・保険について

保険で入歯を作ったら気に入らないので別のお医者さんへ行こうと思ったら、6カ月経たないと新しい入れ歯が作れないと言われました。本当でしょうか?
本当の事です。保険というのは国の決めたルールです。 ただし例外がありまして、患者様が義歯を紛失してしまった場合は、その旨を書いておけば認められます。 通常は半年を経過しなければまた新しい義歯を作っても認められません。

予防歯科

毎日磨いていても、虫歯になってしまいます。
歯ブラシでただ磨いているだけでは、どうしても磨き残しが出てしまいます。 フロスや糸ようじを使って歯の隙間まできれいにしましょう。 日ごろの手入れと合わせて当院でのクリーニングを定期的に行うとより効果的です。
虫歯が移るって本当ですか。
本当です。 生まれたばかりの赤ちゃんは、虫歯の原因菌を持っていません。身近にいる人が食べ物を口移しで与えたり、同じ箸で食事をすることによって、うつってしまうのです。生後6ヶ月から3歳くらいまでが一番感染しやすく、一度感染すると、一生その種類の虫歯菌を持たなくてはなりません。子どもが虫歯にならないように、小さなお子様の身近にいる人(母親など)は、ご自身のお口のチェックを怠らないようにしましょう。

審美歯科

歯を削っている間はどのような状態ですか。
けっして歯が抜けている時期はありません。歯を削ったり、被せ物を外した場合は仮の歯を入れますので、普段の生活には支障はありません。また、仮の歯が入ってることに気づかれることも、ほとんどありません。

ホワイトニング

歯が黄色いんで白くしたいんですがどういう治療方法があるんですか?
歯のホワイトニングで治療できるかと思います。一回30分ほど横になっているだけで、痛みもなく白くすることができます。
半年から一年くらいで少し戻ったかなと思われたなら、簡単なタッチアップのコースで元に戻すことができます。
ホワイトニングでどの程度白くなりますか?
変色の原因・変色の程度・歯の質等により、個人差があります。あくまで、その方の元の歯の色合いから徐々に 白くなりますので、「ご希望される白さ」や「真っ白」という訳にはいかない方も少なく有りませんが、「どの程度迄白くなるのか」又「どの程度白くするか」を、確認しながら進めていきます。
ホワイトニングは安全ですか。
漂白に使われるジェルの成分は、過酸化尿素です。過酸化尿素を用いる歯のホワイトニングは多くの研究と臨床例が報告されており、また歯科医師の適切な指導のもとで使用すれば、歯や歯肉に悪影響を及ぼすことなく安全に使用することができます。
効果はどのくらい続きますか。
その方の歯の性質や生活習慣によって異なりますが、6ヶ月-2年くらいです。しかし、カフェインやタバコなど着色の原因になるものを日常的に摂取している場合は、定期的な歯のクリーニングが必要になります。 簡単なタッチアップのコースで再び白くすることができます。