インプラント

尼崎インプラント治療ナビ

インプラント治療について

歯は、目で見える部分の歯と、それを支える歯根から成り立っています。
歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうということです。
歯を1本失った場合、両隣の健康な歯を削って人工の歯をかぶせます。
これが、ブリッジと呼ばれる治療法です。奥に歯がない場合、金属製のバネで入れ歯を支えます。

 

噛むという行為は、想像以上に強い力を、歯とあごにかけています(奥歯1本にかかる荷重は、その人の体重にほぼ等しいと言われます)。ブリッジでは、1本あたりにかかる荷重は約1,5倍になります。削られた歯は傷みやすく、この歯がだめになってしまうと、さらに広い範囲のブリッジに作り直さなければなりません。歯根がない部分の骨は、噛むことによって得られる刺激がないために次第に痩せていきます。また、残っている歯根が移動してしまうため、ぴったり合わせて作った義歯は次第に合わなくなり、何度も作り直す必要が出てきます。

 

失われた歯根の部分にチタン製の歯根を埋め込んで差し歯の支えとするのが、今日行われているインプラント(人工歯根)療法です。この治療法では、残っている健康な歯への負担が増加することはありません。あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、力をかけることができることから、骨の変形も少なくなることが知られています。

 

従来の治療法 ? インプラントによる治療法
 
この形のブリッジでは、周りの歯を大きく削らなければなりません。   インプラントでは、両隣の歯はそのままで、負担もかかりません。
 
奥歯を固定するために、金属の支えを使用する例。違和感があり、清掃も難しく、見映えも良くありません。   インプラントでは、失われた歯根部分の骨を支えてにして人口の歯を固定します。噛む力は天然の歯と同じように骨に伝わります。
 
総入れ歯の場合、入れ歯を固定する力が弱く、ぐらついたり、ずれたりします。そのため、食べ物を噛むための充分な力をかけることができません。   インプラントでは、義歯は顎の骨に固定され、力を入れて噛むことができます。食感も天然歯に近く、食べる楽しみを取り戻すことができます。

インプラントの治療の利点

インプラント治療では、人工歯根を埋入し、歯冠を支えます。
噛むときの圧力は想像以上に大きく、これに耐えるためにはその支えが必要なのです。

 

リプレイスシステム(ノーベルバイオケア社が開発)のインプラントは、自然の歯と同様に、この環境に耐えられるように作られています。そして、現代の歯科技術により、インプラントで支えられる歯冠の形や色は、生まれつき持っている歯と同様に作ることが可能になっています。

 

最大の特長は、自分の歯と同じ様に咬めるということです。
どのような歯の状態にも利用できるように開発されたこの独特の治療法を選ぶ人は、当然のことながらますます増加しています。1本であれ複数であれ歯をなくした方にとって、インプラント療法こそ、歯の健康を取り戻す最良の方法なのです。

 

※失った歯冠と根歯の両方を元通りにするのは、
インプラント治療が唯一の方法です。

歯を失うとどうなる?

歯を1本でもなくしてみると、歯以外にもさまざまなものを失うことに気づくでしょう。
自然に微笑むことができなくなったり、リンゴやクラッカーなど、食べたいものが噛めなくなるかもしれません。歯や口がいつも気になり、残っている歯まで不快に感じることもあるでしょう。また、筋肉痛になったり、はっきりしゃべれなくなったり、頭痛に悩まされることもあります。

 

もちろん、歯を失ったことで生じる影響は人によりさまざまです。それは具体的に歯のどの部分を失ったかによっても異なってきます。歯冠だけを失った場合は歯の見える部分をなくしたことになりますが、歯根も失ってしまった場合には歯の見えない部分もなくしたことになります。歯根は歯を顎骨に固定し、歯冠をしっかりと支えている部分です。歯根がなくなると、抜けた歯の周りの骨は徐々にやせ細り、残った健康な歯が移動してきて、やがて噛めなくなる恐れもでてきます。

 

歯冠を元通りにするにはいくつかの方法があります。
しかし、歯全体、つまり歯冠と歯根の両方を再生するなら、歯科インプラントが唯一の方法です。

 

※歯は歯冠と歯根の2つの部分から成ります。
歯をなくしたことで受ける影響はどの部分をなくしたかによって異なります。

CTの導入でインプラント治療の精度がアップ

CTの画像

当院では、比較的規模の大きな医療機関にしかない歯科用CTを導入しました。歯科用CTとは、従来のレントゲンでは詳細に確認できなかった顎の骨の状態、神経や血管の位置、病巣の状況などを明確に把握できる装置です。少ない被ばく量・わずかな撮影時間で3次元画像を得ることができ、精度の高い診査・診断が実現し、安全・確実なインプラント治療が可能になります。

CTのメリット
  • 精度の高い診断が可能になることで安全・正確な治療につながる
  • 院内に設置されていることで、精度の高い診断がスピーディーに行える
  • 患者様自身でほかの医療機関へ出向く負担が省ける
  • わずかな被ばく量のため、身体的負担が少ない
  • インプラント治療後に用いることで、治療が計画通りに完了したかどうかの確認も可能

インプラントはどのように機能する?

1950年代初頭にスウェーデンの科学者、ペル・イングヴァール・ブローネマルク博士によって、非常に丈夫で軽量な金属、純チタンが骨の組織とよく結合することが発見されました。彼はそのプロセスをオッセオインテグレーションと命名。これが現在のインプラントシステムの基礎になっています。

 

インプラント治療の第一段階は、チタン製の人工歯根をあごに埋入することです。このチタン製の歯根は徐々に骨に固着し、生まれながらに持っている歯根と同じ様に歯冠をしっかりと支えます。この安定性によって、多くの人々の口腔機能と生活の質が向上しました。

 

 

天然歯根に支えられている歯冠は、歯の機能的な部分です。歯冠の外側の層はエナメル質という身体の中でも最も固い組織から成っています。人工歯冠は歯茎の中にある人工歯根にしっかりと固定され、その形と色は周囲の歯と同様に作られます。

 

インプラント治療を行うと、抜けた歯の周囲の骨の喪失が抑えられ、また回復してくることさえあります。
歯科インプラントは、歯の機能と外観を元通りにすることができる優れた治療法なのです。

インプラント治療の流れ

1.診査と治療計画

失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法には様々な選択肢があります。歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者様に無理のない衛生管理などを含め総合的に検討した上で、治療計画が立てられます。

 

2.一次手術

顎の骨にインプラントを埋め込みます。

 

3.治療期間

一次手術後、3~6カ月の治癒期間をおくことで、インプラントと骨が強い力で結合します(オッセオインテグレーション)。
この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。

 

4.二次手術

 (行わない場合もあります) 歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける準備をします。
この状態で、歯ぐきが治るまで2週間おきます。

 

5.人工の歯を作製・装着

歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。形や色などは患者さんに合わせて作製し、インプラントに取り付けます。

ひとりひとりに最適な治療を

単独歯 (歯を一本だけ失った方) → きれいな歯を削らない

先天的に歯の少ない方や事故などで歯を一本だけ失った方は、ブリッジのように周囲の健康な歯を削る必要がありません。
インプラントは失った天然歯およびその歯根の代わりをします。

 

複数歯 (歯を数本失った方) → 残りの歯に負担をかけない

歯周病や虫歯などが理由で歯を失った場合、インプラントを数本埋入し、修復する方法が最適です。
ブリッジや部分入れ歯のように、周りの健康な歯に支えてもらう必要はありません。

 

上顎または下顎の歯を完全に失った方 → しっかり咬めます

このインプラント治療は、もともとは歯が一本も無い方のための効果的治療法として採用されました。総入れ歯は短期的には良い解決法かもしれませんが、長期的に考えると、支柱の働きをしていた歯の根を失ったことで顎の骨が次第に縮み、最初は合っていた入れ歯も次第に緩んで使い心地が悪くなっていきます。
また骨を失うことにより、顔の形に影響してくる場合もあります。
インプラントでしたら、顎の骨と一体化するので、骨を丈夫にし、義歯をしっかり支えるので安心です。