歯周病

歯周病について

歯を失う一番の原因は何だと思いますか?

虫歯ももちろん歯を失う原因の一つですが、最も大きな原因はとなるのが歯周病です。
歯周病の怖いところは、虫歯と違って初期段階では痛みを感じることが少ない(自覚症状がない)ところです。

歯周病とは?

歯肉に炎症が引き起こされ、放置しておくと膿が出たり、口臭がひどくなり、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。

 

歯の病気の代表的なものに、むし歯(う蝕)と歯周病があります。むし歯は歯のそのものが破壊される病気ですが、歯周病は歯を支えるまわり(組織)に起こる病気です。歯周病は歯を失う最も大きな原因となっています。

歯周病はどうして起こるの?

歯磨きが不十分で、歯と歯ぐきの間に細菌が住み着いて歯垢(プラーク)がたまると、そこに炎症が引き起こされます。
これが歯周病の始まりです。

歯周病が進行すると

初めは自覚症状がなく、鏡でも見ても気がつきませんが、そのうち歯肉が赤くなったり腫れたりします。
さらに炎症が歯肉の内部に進行すると、歯根膜や歯槽骨が破壊されて、歯を固定する力がだんだん弱くなり、歯がグラグラしたり抜けたりしてしまいます。

歯周病になったら?~診断から進め方について~

1.まず、痛みを取ります。

痛みがある場合などはまず、痛みを取り除くような緊急処置を行います。

2.詳しく調べます。

症状の正確な把握の為に、さまざまな診査(レントゲン撮影・歯周ポケット計測・歯の動揺度検査等)を行います。その診査は適切な診断と、治療計画の立案の為に非常に重要です。

3.治療計画を立てます。

審査の結果をもとに、患者さんに現在のお口の中の状態を十分に説明を行います。歯科医師は病状を診断し、それぞれの方にあった治療の計画を立てます。

4.治療を始めます。

歯周病の治療には、それぞれにあった計画的な治療が必要になりますが、一般的に歯周治療は以下のような方法があります。

 

プラークコントロール(家庭での適切なブラッシング)
スケーリング
PMTC
歯周再生治療
再検査
より良いお口の環境を得るための治療

 

定期的なメンテナンスについて

治療によって歯周病が改善すれば、定期的なメンテナンスに移ります。 プラークコントロールは、患者さん本人が家庭で行う事が中心となりますが、歯周病は用意に再発してしまう病気の為、定期的に来院して頂き検査(検診)することをおすすめ致します。 定期的にきっちりとメインメンテナンスを行えば、歯周病の進行は食い止める事ができます。適切なブラッシング技術を身につけ、プラーク(細菌)を除去できれば、歯周病は確実に改善していきます。

固い汚れを落とそう ~スケーリング(歯石除去)保険内治療~

スケーリングは、歯のクリーニング治療。

毎日の歯磨きではなかなか取れない歯石を除去できます。 スケーリングとはスケーラーと呼ばれる器具を使って、歯の根元付近からプラーク(歯垢)、付着物、および歯石を除去することをいいます。そして、その時にできるだけ歯を傷付けない様にします。

 

●P-MAXによるスケーリング
歯周病の治療の、歯の黄ばみの除去も絶大な威力を発揮する機材です。

●スプラソンのチップはエナメル質を傷つけない硬度です。

 

 

 

 

●P-MAXによる歯周病治療

P-MAXにより、簡単かつ安全に効率高い歯周病治療が行えます。

 

 

 

<機材の写真>

歯をぴかぴかに磨こう ~PMTC(歯周病のメンテナンス治療)~

PMTCによる効果

1. 歯質の強化(フッ素を用いることにより再石灰化を促進し、歯牙を強化する。)
2. むし歯の予防と共に汚れの再付着を防ぐ。
3. 歯肉炎、歯周病の予防
4. 口臭症の予防
5. 審美性の向上(色素沈着を除去し光沢のある歯牙表面を回復する。)

 

 

※まずはお気軽に御相談ください。
※PMTCは保険適応外となっております。(税込3,150円)

歯を支える骨を造ろう ~歯周再生療法(エムドゲイン法)~

エム土ゲイン法とは、歯周組織の再生(骨を造る)を可能にした治療法です。

 

比較的軽い歯周病の場合 歯周組織の破壊がひどい場合
歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで歯周病を治すことができます。 歯肉を切開し、歯根についた細菌を取り除く歯周外科手術が必要となります。

 

従来の歯周外科手術では、歯周病の進行を止める事はできても、失われた歯周組織は再生できませんでした。しかし、エムドゲインゲルを使った歯周外科手術は、歯周組織の再生を可能にしました。

 

エムドゲインは、歯周外科手術の際、組織が失われた部分に歯周組織の再生を導くゲル状の材料を塗る方法で、強固な付着機能をもつ歯周組織の再生を促します。

 

【術 前】

【術 後】

※注意)
エムドゲインゲルを使った治療が行えるかどうかは、歯周病の程度や患者さんの健康状態によっても異なります。
ご不明な点は何でもご相談下さい。

 

エムドゲインゲルは、スウェーデンで開発された新しい歯周組織再生誘導材料です。

エムドゲインの主成分(エナメルマトリックスデリバティブ)は、子供のころ、歯が生えてくる時に重要な働きをするたん白質の一種です。

 

現在の科学水準に基づく高い安全性確保の下、幼若ブタの歯胚から摘出精製したもので2002年10月現在、世界28ヶ国で使用されています。歯周外科手術の際にエムドゲインを応用することにより、歯の発生過程に似た環境を再現します。

定期的な受診について

健康な歯周組織を取り戻すまでには、数ヶ月から1年程度かかります。歯周組織が再生するまでの期間は個人差があり、歯周病の程度によっても異なります。術後のスケジュールの詳細も患者さんによって異なりますので、担当医の指示に従い、必ず定期的な検査を受けるようにして下さい。治療が終了した後も、口の中の衛生状態を担当医に定期的に検査してもらうことをおすすめします。

骨を支える骨を造ろう ~歯周再生療法(GTR法)~

GTR法とは、再生医療(骨をつくる)手術です。

 

◆従来の歯周病治療 ◆今日の歯周病治療
歯が抜けてしまう前に、これ以上病気が進行しないように止める事だけで、本来の状態に戻すことはほとんど不可能でした。 歯周病により破壊された歯の支持組織を再生させ、歯を元に近い健全な状態に戻すことができるようになりました。

 

再生法: GTR法=メンブレンによる新治療法

歯周治療の最終目的は病気の進行を止め、元の健全な状態に組織を回復させることです。 再生による治療法の目的は、歯が機能するための支持構造を回復させることです。 このため歯肉の位置も維持することができます。

 

GTRは、あなた自身の生体再生能力を利用する治療法です。

歯周病で破壊された歯の支持組織(繊維組織や骨)は、その原因を除去すれば再生しようとします。しかし、患部を清掃して後に何もせずそのまま治癒を待つと、必要な支持組織が再生する前に別の軟組織がそこに入り込み、うまく行きません。

 

そこで、ポケットの内部を清掃した後に、メンブレンを設置し、外からの必要な組織が進入しないように防御します。そうすると、メンブレンの下には歯の支持組織が再生を始め、ゆっくりと成長してきます。

 

従来の歯周外科の手術とほぼ同様な処置が必要になりますが、GTR法には1つ重要な違いがあります。それは、手術によりプラークや歯石を除去した後に、メンブレンを歯肉の下に一定期間おくことです。その後、ある期間を経過してメンブレンを取り除きます。すると歯は新しく再生した組織で覆われていきます。

 

 

当院ではエムドゲイン法・GTR法のうち患者様に合った最善の方法を選択して
治療をすすめていきます。